今年もきたこの時期!五月病もメンタルヘルスの一つで対処法はどうする? #126


GW連休もおわり、人によっては9日ぶりの出勤だったかもしれません。また、新しい環境に身を置いた方々にとって、もしかしたらちょと大変な時期になってきたかもしれません。

 

毎年この時期によく話題に出る、「五月病」にかかっていませんか?今日はそんなお話です。

 

 


 

「五月病」にどうしてかかってしまうのか?

 

全員が全員かかってしまうということでもないのですが、率直なイメージだと、頑張り屋さんほどかかってしまうのではと、思っています。

 

五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

Wikipediaより

 

リンク先にも書いてありますが、医学的には“適応障害”や“うつ”といった精神疾患(=メンタルヘルス)に分類されるそうです。今や精神疾患といえば、常用雇用50人以上の企業には、メンタルヘルスチェックが義務付けられていることもあり、楽観視できないものとして位置付けられています。

 

“働き方改革”にも見られますが、労働生産性を上げ、且つ労働者の心身の安全を維持することが企業には求められています。とはいっても、労働者側もそれぞれの立場で頑張っていらっしゃることは大いにあると思いますが、その頑張りが続きすぎてオーバーヒートすると、メンタルヘルスにかかってしまうのだと思います。

 

実際、今までのたくさんの方とキャリアコンサルティング面談をさせて頂きましたが、かかりりそうな方は総じて同じ傾向にある方ばかりでした。

 

 

メンタルヘルスにかからない方法ってあるの?

 

結論から言えば、あります。簡単に言えば、定期的にガス抜きをすることですね!

 

釈迦に説法かもしれませんが、適度に運動したり、1日5分でも瞑想の時間をもったり、ヨガをしたり、アロマを炊いたり、美味しいもの食べたりetc、単純にストレスを解消させる行為がベストですね!もちろん、お酒もありですが、個人的にはおすすめしません。理由として、お酒は楽しく飲むものですし、ストレスを解消するというより、感覚を麻痺させるだけなので、根本的な解決にならないです。

 

さらに言えば、キャリコンサルティングも有効で、専門知識を持つ外部の人間に話すという行為が、一番のガス抜きかもしれません!

 

たくさん面談をしていると、たまにメンタルヘルスにかかりそうな方に遭遇します。面談をしていて感じることの共通点は「このままだとやばい」ということです。話を聞いていると、そう強く感じることがあります。その場合は丁寧に丁寧に話を聴き、「もっと頑張らなきゃ」と思っている相手に“現状でもパフォーマンスを発揮していること”や“周囲も認識している”ことをお伝えすると、堰を切ったように安堵した表情に変わります。これは結構共通した場面です。

 

その後は事業主に、総論として伝え、労働環境改善の働きかけをします。

 

  

とはいってもこの時期に退職したい人もいる事実

 

それはもう仕方ないと思うんです。入社前後のイメージが異なるのは必然ですし、その差が大きければ大きいほど、退職の意思は強いと思われます。ただこういう場合、「辞めたい」と言い出せず、通称バックレ退社になることも少なくありません。しかしこれは企業にとっても、退社する人にとっても大きなマイナスなので、辞めたいと思うならば、メールでもいいので必ず意思表示をしましょう!

 

就業規則では退職の場合、1ヶ月前に伝えることが規定されていることが多いですが、法律上は意思表示から2週間で退職できることになっています。(あくまで法律上です。)

 

ですので企業に就職し、一人の社会人(大人)になった以上は、言い出しづらいことこそしっかりと意思表示をし、立場を明確にしましょう。※注;退職を推奨することではありませんので、あしからず!

 


 

まとめ

五月病って、よく聞くサザエさん症候群と似ているなぁと思うんです。日曜日の夕方にサザエさんのエンディングテーマを聞くと気分が落ちるというアレです。程度の重さからいうと、五月病の方が重いかもしれませんが、それでも多少なりともストレスを感じることには変わりありませんので、症状がひどいと感じるときは、早めに対処したほうがいいですね!

  

街が活性化することには、労働者が心身共に健康であることは重要ですので。

 

 

 

コッソリ設置しましたので、ポチっとよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 


キャリコンの皆さん、こちらもぜひ!

 


The following two tabs change content below.
奥山 直和

奥山 直和

キャリア形成の専門家として、人事やキャリア関連を中心にブログを日々発信。いつもは中小企業の人事(採用・育成・評価)や、労働者のキャリア形成を後方支援。関わる企業や人は千差万別のため、支援は常に唯一無二を提供の施策を提供。また、クラウドファンディングFAAVO宇都宮の運営に携わり、HRとマーケティングの両面でクライアントのサポートに東奔西走する。ともすれば、数値をよく間違える、おっちょこちょいな性格がたまにキズ。。。 【趣味】お酒、BBQ、スノーボード、写真、城跡巡り    【所属等】・国家資格キャリアコンサルタント ・JCDA認定Carrer Deveropment Adviser ・ジョブカード作成アドバイザー ・NPO法人日本ゲートキーパー協会 初級ゲートキーパー ・クラウドファンディングFAAVO宇都宮 アンバサダー