その業界の常識は他の業界にとって非常識なことです! #90


いったい何のことでしょう???

私、常々、「どんな業種ですか?」と聞かれる度に

このように答えていました。

 

「人材サービス業です」と。

 

こう言うと、ほぼ100%こう言われます。

 

「あ!人材派遣をされているんですね?!」

  

違います!!

080b8265dfae30c3c516c67f489a6186_m

 

 

「人材サービス」って色々あります!

  

製造業って聞くと、モノ作りと連想されると思います。

でも、世界のユニクロだって製造業だって自評してますよね。

 

◯◯業とひとくくりに言っても、それは大分類であって、

細かく分ければ、いくらでもあります。

 

まずは、「人材派遣業」

労働者をクライアント企業に派遣して、業務を行わせる業態。

指示系統は派遣先に従う。常用雇用型(特定派遣)と短期雇用

型(一般派遣)の2種類に分けられます。

 

製造業への派遣が一時、すごく多かったですね。

※将来的に、特定と一般が統合するという動きがあります

 

この業態の会社が一番多いので、人材サービスと聞くと

イコール人材派遣と連想するのも無理はありませんね。

 

その次に多いんじゃないかなーと思うのが、「業務請負業」

これは免許不要で今日から誰でも名乗れる業態です。

クライアント企業から「業務を請負って納品する」業態です。

 

場合によって、クライアント企業の中で業務を行うことがあり

ますが、人材派遣と大きく異なる点があります。

 

それは、、、

指示系統が発注元にはないということです。

 

大したことの無いように思えますが、実はかなり違います。

つまりどういうことかというと、労働災害等が発生した時の

責任の所在を明確にさせる為です。

 

人材派遣の場合、クライアント企業からの報酬には、労働者の

保険料等も含まれているため、割高になります。

逆に請負業は、例を挙げると、造花を1つ作って2円といった

報酬形態なので、クライアント企業からの報酬は抑えられます。

 

ここは大きな違いですね!

過去に、栃木県内で「偽装請負」が明るみになったことがあり

ますが、 これは業務請負契約で企業の工場に人を送り、企業の

指示の元業務を行っていました。この場合、指示系統が企業だった

ので、実質派遣業務となり、偽装請負で行政指導がはいったわけです。

 

 

実はまだまだある、人材サービス業!

 

他によく聞くのは、「有料職業紹介事業」でしょうか?

いわゆる、人材紹介業ですね。

 

これは、主に転職を希望する求職者が登録をして、企業の

求人とマッチングさせることで雇用の斡旋を主業務にして

いる業態です。

 

この場合、企業から紹介会社への報酬は、採用者の年収の2〜3割

が相場とされているので、割高になります。

 

メリットとしては、求職者に費用負担がないこと、専門のキャリア

カウンセラー等が担当に着くので、転職活動がかなり進めやすいことが

求職者にとって、大きなメリットだと思います。

求人企業側としては、確実に採用につながるということです。

 

 

他にも、まだまだまだまだありますが、

 

次回につづく!

 

 

 

コッソリ設置しましたので、ポチってありがとうございました。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


The following two tabs change content below.
奥山 直和

奥山 直和

キャリア形成の専門家として、人事やキャリア関連を中心にブログを日々発信。いつもは中小企業の人事(採用・育成・評価)や、労働者のキャリア形成を後方支援。関わる企業や人は千差万別のため、支援は常に唯一無二を提供の施策を提供。また、クラウドファンディングFAAVO宇都宮の運営に携わり、HRとマーケティングの両面でクライアントのサポートに東奔西走する。ともすれば、数値をよく間違える、おっちょこちょいな性格がたまにキズ。。。 【趣味】お酒、BBQ、スノーボード、写真、城跡巡り    【所属等】・国家資格キャリアコンサルタント ・JCDA認定Carrer Deveropment Adviser ・ジョブカード作成アドバイザー ・NPO法人日本ゲートキーパー協会 初級ゲートキーパー ・クラウドファンディングFAAVO宇都宮 アンバサダー