面接を受けたそのときに感じた手応えは面接官側からはどう見えているでしょう? #78


今日も1日、肌寒い気温でしたね。

先週とは打って変わった気温でしたが、来週はまた暑くなる

みたいですよ。。。

jet-sky

 

 

 

さてさて、大学3年生も、転職に向けて動き出した社会人も、

就業に向けて活動している無職の方も、面接が一番の難関ですよね。

 

ちなみに、面接の準備ってどうされていますかね??

 

志望動機、自己PR、趣味特技、将来の目標、、、くらいは用意

していきますかね?!

 

面接をしていると、用意した答えかどうかが簡単に分かります!

 

一言一句丁寧に記憶していると、話し方に抑揚がないのでどこに

ポイントがあるかが、ちょっとわかりにくかったりします。

 

なので、そんな時は時事ニュースの質問をしたり、出てきた回答に

細かく突っ込んだりします。

 

その場合、大抵の方は回答に詰まったり、表情が困り気味になったり

するのですが、面接を受けたことのある方ならこういった経験がある

という方が多いですかね??

 

ここで一番見られるのが”対応力”という点なのですが、この対応力も

「なんとか乗り切ることができた!」と言える程度ならいいと思いますが、

「完璧」と思う内容だったら、危険かもしれません。。。

 

”対応力”を判断されているわけなので、「思い通りに気持ちよく話せた」は、

逆にお祈りの対象になっている可能性大です!!

 

 

だって、対応力が関係ないですもん!

 

 

面接を受ける際には、ある程度の範囲で考えをまとめるだけにして、

面接の際に丁寧に伝えるように心がけましょう!

 

それでだめならだめで、縁がなかったということでしょうがないでしょう!!

 

 

まさしく、投げやり!!

 

yari_p

これは”ヤリ投げ”

 

 

 

 

 

コッソリ設置しましたので、ポチってありがとうございました。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


The following two tabs change content below.
奥山 直和

奥山 直和

キャリア形成の専門家として、人事やキャリア関連を中心にブログを日々発信。いつもは中小企業の人事(採用・育成・評価)や、労働者のキャリア形成を後方支援。関わる企業や人は千差万別のため、支援は常に唯一無二を提供の施策を提供。また、クラウドファンディングFAAVO宇都宮の運営に携わり、HRとマーケティングの両面でクライアントのサポートに東奔西走する。ともすれば、数値をよく間違える、おっちょこちょいな性格がたまにキズ。。。 【趣味】お酒、BBQ、スノーボード、写真、城跡巡り    【所属等】・国家資格キャリアコンサルタント ・JCDA認定Carrer Deveropment Adviser ・ジョブカード作成アドバイザー ・NPO法人日本ゲートキーパー協会 初級ゲートキーパー ・クラウドファンディングFAAVO宇都宮 アンバサダー