50㎠の紙片が織りなすストーリーは傑作なのか?駄作なのか? #36


昨日と打って変わって、

 

ジメェ〜〜〜〜〜

 

っとしてましたが、良い感じに雷雨がきましたね!!

 

 

 

先日、ある知人と話していて、こんなことを

言われました。

 

「名刺なんて、名前と連絡先だけでいいんだよ。」

「知ってる客にしか渡さないから、業務内容とかいらない」

 

ちなみにこの知人は、1年くらい前にご自身で事業を

始められた方です!

 

その時も言いましたが、それを聞いた私はこう思いました。

 

 

「ほんとにそれでいいの??」

 

 

営業職の方なんかは、ものすごい苦労されていると思い

ますが、”自分を知ってもらう”って、本当に大変なこと

だと思いますが、どうでしょう??

 

しかも、初めて会う方には特に!!

 

 

例えば、名刺交換で、こんな名刺をもらったとしたら、

この方の情報を、この名刺からどこまで、読み取ることが

できますか??

 

スクリーンショット 2014-07-17 17.17.30

 

 

 

まず、メールがあるので、この方を知りたいと、

心の底から思うならば、HPを検索するでしょうね。

 

心の底から、思えば、ですけど。。。

 

もしかしたら、裏面にいろいろと書いてあるかも

しれませんが、書いてなかったら??

 

名刺のレイアウトやらデザインを派手にしましょう、

とは言いませんが、営業時や初めての人と会うとき、

会話が名刺の内容から始まることが多いと思います。

 

そんな時に、「名前と連絡先」のみの名刺で、会話が

始まって盛り上がりますかね?

 

その度に、この桃色太郎さんは、自社の業務内容を

名刺交換の度に、繰り返すんですかね??

 

それって、かなりの手間 だと思います!!

 

 

名刺というものは、91mm×55mmの小さなカードでは

ありますが、自身や自社のことをわかりやすく、且つ、相手に

印象付けるめの最強のツールであると言われています。

 

正しく、”自分をマーケティングする”ことではないでしょうか?!

 

 

お世話になっている印鑑屋さんが「実印は自分の分身」と、

いつも語っていますが、名刺も、ビジネスシーンでは特に、

自分の分身」であると思います。

 

 

名刺が相手との橋渡しになれば、ステキですよね!!

 

tumblr_n8gxs0oWZ21st5lhmo1_1280

 

 

 

 

 

コッソリ設置しましたので、ポチってありがとうございました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


The following two tabs change content below.
奥山 直和

奥山 直和

キャリア形成の専門家として、人事やキャリア関連を中心にブログを日々発信。いつもは中小企業の人事(採用・育成・評価)や、労働者のキャリア形成を後方支援。関わる企業や人は千差万別のため、支援は常に唯一無二を提供の施策を提供。また、クラウドファンディングFAAVO宇都宮の運営に携わり、HRとマーケティングの両面でクライアントのサポートに東奔西走する。ともすれば、数値をよく間違える、おっちょこちょいな性格がたまにキズ。。。 【趣味】お酒、BBQ、スノーボード、写真、城跡巡り    【所属等】・国家資格キャリアコンサルタント ・JCDA認定Carrer Deveropment Adviser ・ジョブカード作成アドバイザー ・NPO法人日本ゲートキーパー協会 初級ゲートキーパー ・クラウドファンディングFAAVO宇都宮 アンバサダー