就活におけるESと転職活動における職務経歴書はラブレターを書く気持ちでね!その2 #28


ブラジル7失点の大敗!!

 

顔が青ざめるサポーター。。。

 

スクリーンショット 2014-07-09 13.44.40

 

衝撃的な朝でした。。。

 

 

 

さて、昨日のお話のつづきです。

 

②社会人による、転職活動の本格化。

 

898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_m

 

たいがい、年度明けの4月は目の前の仕事に集中して、

その直後のGWに、ふと我に返り、転職を意識しだす。

そうすると、5月は情報収集を始めて、6月に応募が始まり

7月に面接をして採用の返事をもらい、8月に9月末退社の

意向を伝えて、10月から新しい職場に・・・

 

というのが、一般的にこの時期に多いと言われてます!

あとは、転職活動を始めてから決まるまで、平均3ヶ月かかる

とも言われています。

 

なぜこの時期か??

 

 

ボーナスもらいたいじゃないですかー??

 

あと、10月から、年度的には下半期だから。。。

 

 

で、社会人の転職場合、新卒の就活と違って、履歴書より、

職務経歴書がかなりのキモになってきます。

※履歴書を出さずに職務経歴書だけで採用された経験があります!

 

単純な話、就活生のESとスタンスは変わりませんが、そこは

社会人の転職ですから、求められるものは大きく違います。

 

前いた会社で、何をどれだけやってきたのか??

 

これが明確にされていないと、恐らく面接には進まないでしょう。

文章力も問われますが、逆にここが明確ならば、面接に繋がる確立が

グッと上がるかといえば、そうでもない。

 

自己PRが見られます。

 

自己PRに書かれていることと、職務経歴に書かれていることが

しかりとリンクしているか?ここが見られます。

 

そこで、「会ってみたい」と思って初めて、面接に進むわけです。

 

なので、キャリア転職における職務経歴書は、応募先の企業に対して

真摯に書くことをおすすめします。

 

企画書、必死になって書きますよね?

それと一緒ですよ!

 

最後に、面接のマナーについて。

 

まずはダメな例を!

 

 

  

話題に乗れた!

 

 

 

 

コッソリ設置しましたので、ポチってありがとうございました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


The following two tabs change content below.
奥山 直和

奥山 直和

キャリア形成の専門家として、人事やキャリア関連を中心にブログを日々発信。いつもは中小企業の人事(採用・育成・評価)や、労働者のキャリア形成を後方支援。関わる企業や人は千差万別のため、支援は常に唯一無二を提供の施策を提供。また、クラウドファンディングFAAVO宇都宮の運営に携わり、HRとマーケティングの両面でクライアントのサポートに東奔西走する。ともすれば、数値をよく間違える、おっちょこちょいな性格がたまにキズ。。。 【趣味】お酒、BBQ、スノーボード、写真、城跡巡り    【所属等】・国家資格キャリアコンサルタント ・JCDA認定Carrer Deveropment Adviser ・ジョブカード作成アドバイザー ・NPO法人日本ゲートキーパー協会 初級ゲートキーパー ・クラウドファンディングFAAVO宇都宮 アンバサダー