パンのみみを捨てるのではなく、ラスクにすると売れるのは何で?? #21


W杯、毎日白熱してますね〜

 

ベスト8に上がったチーム全て、GLをTOPで

抜けたチームだということで。

 

しかも、現行体制になってから初めてのことだそうです。

さすが、あの予選を勝ち抜いたチームだけありますね!

 

 

 

さて、本日はある法人の会議でございました。

 

今後の方針や、昨日の報告等、あまりもの熱心さに、

血しぶきが飛んだとか、飛ばなかったとか。。。

 

ダウンロード

          怖いね♡

 

いつも、会議の場所を某企業さんの事務所を

お借りして行っております。

 

で、そこの美人?事務員さんが、会議の度におにぎりと

サンドイッチとおかずを用意してくれています。

 

 

で、サンドイッチを作ると、いつも出るんですよ、これ!

 

写真 2014-07-02 18 26 05

 

 

パンのみみ!!

 

実は、私、これが好物でございます。

 

最近だと、パン屋さんでも、パンみみだけで売っていたり、

ラスクにして販売していたりと、捨てる部分でも、しっかりと

収益につなげられるということが、実はすごいと思うのです。

 

つまり、どういうことかと言うと、

 

付加価値!!

 

 

今のこの時代、良いモノを作るのは当たり前と言われます。

良いモノを、どうやって買ってもらうか、考えますよね?

 

答えはシンプルで、いかに付加価値を付けられるかが、

大きな、大きな分かれ目だと思います。

 

例題として。

A スーパーで売っている、食品メーカーのいちごジャム(200円)

B 道の駅で売っている、田中さん家のいちごジャム(600円)

 

AとB、どちらの方が多く売れるでしょうか?

 

itigojam

 

 

答えは、「どっちも売れる」です。

 

解説をすると、AとB、両方とも同じ人が買うと思います。

Aのジャムには、「手軽さ」を一番に求めると思います。

Bのジャムには、「田中さんが作った」というストーリーが

購買意欲を刺激し、購入に繋がると思います。

 

この付加価値、何をもって付加価値とするかは、商品に

よって異なるため、一概にコレ、と言うことができません。

 

 

その付加価値が、別の面でターゲティングに繋がります。

 

結論をぱぱっと言うと、商品に、どう付加価値を付けるか、

それが商品の売れ方に影響しますよ!

 

というお話でした!!

 

 

 

 

 

コッソリ設置しましたので、ポチってありがとうございました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


The following two tabs change content below.
奥山 直和

奥山 直和

キャリア形成の専門家として、人事やキャリア関連を中心にブログを日々発信。いつもは中小企業の人事(採用・育成・評価)や、労働者のキャリア形成を後方支援。関わる企業や人は千差万別のため、支援は常に唯一無二を提供の施策を提供。また、クラウドファンディングFAAVO宇都宮の運営に携わり、HRとマーケティングの両面でクライアントのサポートに東奔西走する。ともすれば、数値をよく間違える、おっちょこちょいな性格がたまにキズ。。。 【趣味】お酒、BBQ、スノーボード、写真、城跡巡り    【所属等】・国家資格キャリアコンサルタント ・JCDA認定Carrer Deveropment Adviser ・ジョブカード作成アドバイザー ・NPO法人日本ゲートキーパー協会 初級ゲートキーパー ・クラウドファンディングFAAVO宇都宮 アンバサダー