火の無いところに煙は立たない。”行動”するからこそ得られるものがある! #18


一昨日、日本代表が帰ってきましたね。

 

空港には1000人くらいのサポーターが駆けつけ、

お疲れさま〜のかけ声。

 

img_7d8f5084a2771b9d56618ae9aec91a16177780

 

メディアでは色々と言われてますが、

頑張ったんだからいーじゃん!!

 

って思う自分がいます。

 

 

 

それはさておき、今日の午後にはキャリアかウンセラーの

試験対策の勉強会に、興味本意で見に行きました。

 

ま、そこの場は、他にアテンドをする方がいらっしゃったので、

特別何をすることもなく、見学というスタンスでした。

 

で、アテンド役の方とは別の講師の方がこう言いました。

 

「クライエント(相談者)のタイプは様々。特定のタイプに対して

苦手意識は持たないようにね」

 

これ、ほんとその通りだと思いました!

 

単純な話、試験は、技術が付いているかどうかを見られています。

実際のカウンセリングの現場でも、どんな相談者が来るかわからない

ので、どのような人が来ても、ある程度対応できるようにしなくては

なりません。

 

試験は、それができるかできないか、それだけが見られています。

 

日頃から、「クライエント設定が・・・」と言っていた受験者たちに

ことごとく「それは違うよ」と言ってきました。

 

なので、前述のことばは、その価値観を改めて確認できたとともに、

同じことを言っている人がいて、ちょっと自信が持てました。

 

ただ逆に、自分のカウンセリングスタイルは絶対ではないという気づき。

 

このままで良い、という考え自体は持たない様にしていましたが、

やはり人間なので、無意識に固定してしまっていたと、感じました。

 

他のベテランカウンセラーの目線、というか、発想を聴くと、

「そういう運び方もあるな〜」と思うことが多々あり、参加しな

かったら、得られなかった気づきだと思うと、それはそれで

ある意味怖いですね。。。

 

だから、Actionって、とても大切なんだな、と改めて感じた昨日と

今日でした。。。

 

action

 

 

 

 

 

コッソリ設置しましたので、ポチってありがとうございました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
奥山 直和

奥山 直和

キャリア形成の専門家として、人事やキャリア関連を中心にブログを日々発信。いつもは中小企業の人事(採用・育成・評価)や、労働者のキャリア形成を後方支援。関わる企業や人は千差万別のため、支援は常に唯一無二を提供の施策を提供。また、クラウドファンディングFAAVO宇都宮の運営に携わり、HRとマーケティングの両面でクライアントのサポートに東奔西走する。ともすれば、数値をよく間違える、おっちょこちょいな性格がたまにキズ。。。 【趣味】お酒、BBQ、スノーボード、写真、城跡巡り    【所属等】・国家資格キャリアコンサルタント ・JCDA認定Carrer Deveropment Adviser ・ジョブカード作成アドバイザー ・NPO法人日本ゲートキーパー協会 初級ゲートキーパー ・クラウドファンディングFAAVO宇都宮 アンバサダー